生計概要(その1)の書き方

生計概要(その1)

生計概要(その1)では、申請者と世帯を同じくする家族の収入・支出・負債を記入します。

 

帰化申請では帰化後に安定した生活を営めることが条件とされており(生計要件)、収入や資産、技能から審査がされますが、申請者本人の収入だけではなく、配偶者や同居の親族に収入がある場合には、世帯全体の収入として審査がされます。
また、支出についても世帯単位で審査がされます。

 

この生計概要は、同居家族が申請する場合には、別途作成する必要はありません。

 

@作成年月日

生計概要は、給与明細や在勤及び給与証明書の内容を基に記載します。
申請月の直近に取得した給与明細や在勤及び給与証明書の内容で生計概要を作成し、その作成年月日を記入します。

A収入

収入がある者の名前、収入額(手取額)、収入の種別(給与、事業収入、年金、児童手当など)、収入の支払先を記入します。
備考欄には、支給開始年月日などを記入します。

B支出

申請者の家庭のひと月の支出を、項目ごとに記入します。
金額は全て家族の合計金額で計算して記入します。例えば食費は3人分、携帯代金2人分、遊興費は3人分など。
光熱費や通信費(携帯代金)車維持費などはその他の欄に記入します。

 

※収入の合計金額と支出の合計金額が一致することが重要です。

C主な負債

自動車ローンや住宅ローン、奨学金、その他の借入がある場合には、目的・借入先の名称・残額・完済予定日を記入します。
ここに記入した借入については、「ローン残高証明書」などを資料として提出します。

 

 

 

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。


トップへ戻る