履歴書(その2)の書き方

履歴書(その2)

履歴書(その2)には、海外への渡航履歴、申請者の技能資格、普段使用する言語、これまでの賞罰を記入します。

 

新しい書式では、技能・資格欄が変更され、本国で使用する言語の記入欄も加えられました。

 

@申請者の名前

申請者の名前をカタカナまたは漢字で記入します。
アルファベットでの記入はできません。

A出入国歴

帰化条件に見合う出国確認年数を記入します。通常は5年、日本人の配偶者の場合には3年となります。
出国期間はパスポートの出入国スタンプの日付で確認できますが、回数が多い場合や判別できない場合には、出入国在留管理庁から出入国記録を取得して、正確な日数を確認することができます。

 

C日数

出国日数を記入します。
1月1日から1月10日までの場合には、初日の出国を含めた「10日」の出国日数となります。

D渡航先

渡航先を記載します。
国名は正式名称でなく、中国・フィリピン・香港と記載します。

E目的、同行者

出国の目的と、出国した際の同行者を記入します。
外国の家族を訪問した時には家族訪問、仕事で海外出張した時には海外出張と記入し、その時の同行者を記入します。

F総出国数

出国歴の総数を記入します。

G技能・資格

申請者が運転免許証を持っている場合には、取得した年月日と免許証番号を記入します。
日本語能力試験に合格している場合には、合格年月日と合格レベルを記入します。

H使用言語

申請者が親族と主に使用する、日本語以外の言語を記入します。

I賞罰欄

交通違反については、自動車安全運転センターから運転記録証明書を取得し、その違反年月日と違反内容、反則金の額を記入します。

 

 

その他、犯罪の経歴がある場合には記入します。。

J確認欄

確認欄については、空欄とします。

 

 

 

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

 

 

 


トップへ戻る