韓国籍の方の帰化申請

韓国国籍

2008年1月1日から従来の「戸籍法」が廃止され、新たに「家族関係登録等に関する法律」が施行されました。

 

現在韓国籍の方が帰化申請する場合には、「家族関係登録簿の証明書」と、「除籍謄本」の2種類の提出が必要となっています。
家族関係登録簿の証明書は、個人の家族関係事項や身分事項を「基本・家族関係・婚姻関係・入養子関係・親養子入養関係」という5種類の形で証明する書類です。
除籍謄本とは、従前の戸籍法で編製されていた戸籍簿が除籍簿として保管され、除籍謄本として取得可能となったものです。

 

家族関係登録簿の証明書や除籍謄本は、日本の韓国大使館・領事館で取得することができます。
駐日大韓民国大使館、駐大阪韓国領事館、駐福岡韓国総領事館では、書類の当日発行が可能です。

 

本国書類

  • 基本証明書(詳細)

申請者本人の基本証明書を取得します。

  • 家族関係証明書(詳細)

申請者本人と父母の証明書を取得します。

  • 婚姻関係証明書(詳細)

申請者本人と父母の証明書を取得します。

  • 入養関係證明書(詳細)

申請者本人の証明書を取得します。

  • 親養子入養関係證明書(詳細)

申請者本人の証明書を取得します。

  • 除籍謄本

父母の婚姻から、2007年12月31日までの除籍を取得します。

 

※本国書類には全て日本語翻訳文を添えて提出する必要があります。


電話問合せはコチラ

メール問合せはコチラ

 

 

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

トップへ戻る