中国国籍の帰化申請

中国国籍

中国人の方が帰化申請をする場合、「出生公証書、結婚公証書、離婚公証書、死亡公証書、親族関係公証書」が必要となります。

 

公証書は本国で届出をした地域を管轄する公証処(公証役場)で取得しますが、日本の戸籍のように身分関係が全て網羅できるものではないため、出生・結婚・離婚・死亡・親族関係と個別に取得する必要があります。

本国書類

公証書

出生公証書

申請者本人の出生公証書を取得します。

 

日本で出生した方は出生公証書ではなく、日本の役所で出生届記載事項証明書を取得し提出します。

 

在日大使館・領事館を通して出生申告をした方は、在日大使館・領事館にて出生公証書を取得できます。

 

結婚公証書

申請者本人と父母の結婚公証書を取得します。

 

中国人同士の結婚で婚姻の申告を日本の中国大使館・領事館を通して行った場合には、日本の中国大使館・領事館で取得します。

 

中国人同士が日本で結婚した場合には、中国大使館から結婚証が発行されますので、その写しを提出します。

 

中国人と日本人の結婚で先に日本で結婚手続きをした場合には、中国本土で結婚公証書は取得できないため、日本の戸籍謄本を提出します。

 

離婚公証書

申請者本人若しくは父母が離婚している場合に取得します。

 

死亡公証書

父または母が亡くなっている場合に取得します。

 

親族関係公証書

親族関係公証書とは、本人(申請者)を中心として父、母、兄弟姉妹などの家族関係を証明するものです。

 

国籍証明書

中国国籍証明書

中国大使館または領事館で「領事証明書」(旧退出中華人民共和国国籍証書)を取得します。
この領事証明書は法務局より指示があった後、帰化申請書を提出する日までに取得し、申請書と共に提出します。

 

領事証明書には、中国公民が他国の国籍を取得した場合には、中国国籍を喪失する旨が記載されます。

退出国籍証書の申請は、窓口申請や電話予約はできません。領事館にメールで予約確認を行います。

国籍証書の申請後でもパスポートの利用は可能です。また、帰化審査期間中のパスポート更新も可能です。
ただし、審査期間中の出国は、必ず法務局に事前通知を行ってください。

 

陳述書

中国籍の場合には、法務局より指示があった場合に提出します。
陳述書は、帰化申請者の父母が互いの夫や妻について、また結婚の内容や互いの間に生まれた子供について記載する書類です。
外国語で記載した場合には、翻訳文を付けて提出します。

 

※本国書類には全て日本語翻訳文を添えて提出する必要があります。

 


電話問合せはコチラ

メール問合せはコチラ

 

 

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

トップへ戻る