フィリピン・ブラジル・中国・韓国・ネパールの必要書類

フィリピン・ブラジル・中国・韓国・ネパールの必要書類

フィリピン・ブラジル・中国・韓国・ネパールの必要書類記事一覧

フィリピン国籍の方の本国書類は、PSA(Philippine Statistics Authority)から発行されたものを取得します。PSAとは国家統計局(旧NSO)の略で、出生・婚姻・死亡などの身分事項を記録する機関です。このPSA発行の各証明書に、フィリピン外務省の認証(DFA認証)を受けて提出する必要があります。本国書類出生証明書(Certificate of Live Birth)+DF...

ブラジル国籍の方の必要となる本国書類には、「出生証明書・結婚証明書・離婚証明書・死亡証明書・国籍宣言書」があります。本国書類出生証明書(Certidao de nascimento)申請者本人と兄弟姉妹の出生証明書を取得します。(兄弟姉妹の証明書の提出範囲は、法務局により異なる場合があります。)結婚証明書(Certidao de casamento)申請者本人と父母の証明書を取得します。死亡証明書...

中国人の方が帰化申請をする場合、「出生公証書、結婚公証書、離婚公証書、死亡公証書、親族関係公証書」が必要となります。公証書は本国で届出をした地域を管轄する公証処(公証役場)で取得しますが、日本の戸籍のように身分関係が全て網羅できるものではないため、出生・結婚・離婚・死亡・親族関係と個別に取得する必要があります。本国書類出生公証書申請者本人の出生公証書を取得します。日本で出生した方は出生公証書ではな...

ネパール国籍で必要となる本国書類には、「出生登録書・結婚登録書・離婚登録書・家族関係証明書・死亡登録書・国籍証明書」があります。取得する場所は申請人の本国住所を管轄する行政区役所で、親族による代理取得が可能です。発行される結婚証明書や家族関係証明書には、原本に写真が貼付されます。各種証明書の原本を保管して写しを提出する場合には、本国で公証人の認証印を受ける必要があります。認証印を受けた写しには、発...

2008年1月1日から従来の「戸籍法」が廃止され、新たに「家族関係登録等に関する法律」が施行されました。現在韓国籍の方が帰化申請する場合には、「家族関係登録簿の証明書」と、「除籍謄本」の2種類の提出が必要となっています。家族関係登録簿の証明書は、個人の家族関係事項や身分事項を「基本・家族関係・婚姻関係・入養子関係・親養子入養関係」という5種類の形で証明する書類です。除籍謄本とは、従前の戸籍法で編製...

トップへ戻る