出生による日本国籍の取得|なかむら行政書士事務所

出生による日本国籍の取得|なかむら行政書士事務所

出生による日本国籍の取得

 

出生による日本国籍の取得

    国籍法第2条には、子が出生によって日本国籍を取得できる場合が定められています。

  1. 出生の時に父又は母が日本国民であるとき
  2. 子の出生前に死亡した父が、死亡の時に日本国民であったとき
  3. 子が日本で生まれ、父母がともに不明のとき、又は無国籍のとき(例外的に生地主義を採用)
  4. これらの場合、子は出生により日本国籍を取得できます。 (国籍法2条)

 

1.出生の時に父または母が日本国民であるとき

子が生まれた時に父または母が日本国民なら、その子は日本国籍を取得できます。

 

日本は親が日本国籍なら、子の出生地が日本国内か国外かを問わず、子にも親と同じ国籍を与える血統主義(父母両系血統主義)を採用していますので、子は日本国籍を取得できます。

 

この時、父母がどのように日本国籍を取得したのかその原因は問われません。帰化により日本国籍を取得した者の子であっても日本国籍は取得できます。

 

2.出生前に死亡した父が、死亡の時に日本国民であったとき

子が生まれた時に父または母が日本国民なら、その子は日本国籍を取得できるのですが、子の出生時に父が死亡していた場合はどうなるのでしょうか。
その場合には、父が死亡した時に日本国民であったなら、その子は日本国籍を取得できます。

 

3.子が日本で生まれ、父母がともに不明のとき、または無国籍のとき

日本は子が生まれた時に父または母が日本国民なら、その子は日本国籍を取得できるという「血統主義」を採用しており、日本生まれというだけでは日本国籍は取得できません。

 

但し、子が日本で出生した時、その子に父母が居ない場合や父母が無国籍の場合には、無国籍者の発生防止のため例外的に生地主義により日本国籍の取得を定めています。(国籍法2条3号)

 

 

これら出生により日本国籍を取得するには、父または母と法律上の親子関係があることが条件となります。

 

法律上の親子関係とは

法律上の親子関係のうち母子関係は、出生の事実(分娩の事実)により確認ができます。
よって、母が日本国籍を持つなら、その子は出生により日本国籍を取得することになります。

 

法律上の父子関係

婚姻していない日本人父と外国人母との間に生まれた子は、妊娠中に日本人父から認知された場合(胎児認知された場合)には、出生によって日本国籍を取得できます。
これは胎児認知により、出生時に法律上の親子関係が確定している為です。

 

しかし、出生後に日本人父が認知をしても、出生によっては日本国籍を取得することはできません。
認知は出生の時に遡ってその効力を生ずる(民法784条)とありますが、国籍の取得に関して遡って効力は有しません。
日本人の父が既に生まれた外国籍の子を認知しても、生まれた時から日本国籍を有していた子とはならないのです。

 

では、出生後に父から認知を受けた外国籍の子は、どのようにして日本国籍を取得できるのでしょうか。

 


電話問合せはコチラ

メール問合せはコチラ

 

 

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

トップへ戻る