帰化申請フルサポート|【愛知県】なかむら行政書士事務所

なかむら行政書士事務所

フルサポートコース

 

<ご案内>

帰化申請は、必要書類の取得や申請書類の作成、法務局での面接といった多くの過程があり、個人で行う場合は大きな負担となります。

当事務所のフルサポートコースでは、帰化申請を個人で行う際の負担を解消し、専門家のより安心・確実な帰化申請をご提案させていただきます。

 

 

フルサポートコース

 

フルサポートのコース内容

  1. 帰化申請中の相談や申請に対する対応。
  2. 帰化申請はその結果が出るまで1年程度かかります。
    その間にお客様に生じた様々な事由(勤務先の変更・住居変更など)に対応いたします。
    法務局からの問い合わせや追加書類の提出には、当事務所で迅速に対応いたします。

     

  3. 申請に必要な書類の取得。
  4. 官公署から必要書類を取り寄せます。
    依頼人が時間を割いて書類を収集する必要はありません。

    依頼人の国籍により、ご自身で書類の取得をしていただく場合がございます。

     

    【中国籍の方】 
    中国は戸籍制度がありません。公証書は提出された中国本土の公証処で取得します。
    これら公証書は、申請者本人に本国で取得していただくか、親族に代理で取得していただきます。
    日本国出生の中国籍の方は、華僑総会を通じて親族関係公証書を取得できます。出生公証書は取得できないので、日本国内で提出した出生届記載事項証明書を提出します。

     

    【韓国籍の方】 
    戸籍謄本(基本証明・家族証明など)は、韓国領事館で取得できます。

  5. 申請書類の作成。
  6. 申請書類の作成は事務所が行います。 

     

  7. 動機書の作成。
  8. ご自身で記入の必要がある書類(動機書)について、作成の助言・添削をいたします。

     

  9. 法務局への同行。
  10. 依頼人のご希望により申請時の法務局への同行、また面接時の同行をいたします。

     

  11. 帰化許可後の手続きの代行。
  12. 1.在留カードの返納
    帰化の日から14日以内に出入国管理局へ在留カードを返納しなくてはいけません。
    2.帰化届の提出
    帰化許可後、1ヶ月以内に市区町村長へ帰化届けを提出しなくてはいけません。

     

  13. 不許可となった場合、再申請は無償で行います。
  14. 但し、依頼人の都合による申請の中断や、申請中の問題行動で不許可となった場合は無償とはなりません。

帰化申請の流れはコチラ

帰化申請の知識はコチラ


トップへ戻る