受任までの流れ

 

 

1.ご相談の予約

 

 

電話連絡

お問い合わせフォーム、またはお電話により、ご相談の予約をお取りください。
その際、簡単な相談内容をお聞かせ下さい。
(例)永住ビザについて、ビザ申請について、帰化申請についてなど

 

面談場所は、事務所での面談またはコチラからお伺いする事も可能です。
ご都合の良い夜間や土日祝日のご相談にも対応しております。

 

面談の際にはパスポート・在留カード・運転免許証・印鑑をご持参ください。
ご相談に対する迅速な対応が可能となります。

 

矢印

2.ご相談

 

 

事務所でのご相談


お客様の相談内容をお伺いします。

 

当事務所のサポート内容、報酬額の説明、解約時の規定等をご説明いたします。

 

十分ご納得いただきましたら、正式な受任となります。
相談後に契約締結を迫るような事は絶対にございません。

 

矢印

3.業務開始

 

 

業務開始


報酬額の半金を「着手金」としてお支払いただき、確認後直ちに業務に着手いたします。

 

報酬残金・実費(郵送費・交通費など)は、業務完了後にお支払をお願いしております。

 

 

 


無料相談についてQ&A

無料相談についてQ&A

相続Q&A

初回相談はどのくらいの時間ですか?

相談時間は1時間ほどを予定しております。

1時間を超える時は相談料はかかりますか?

初回相談で対応し切れなかった場合でも次回相談料をいただくことはございません。
また、初回相談で超過料金が生じることもございません。
安心してご相談ください。

本当に初回相談無料ですか?

はい無料です。無料相談の場では疑問点や取扱業務にお答えするのは当然として、お客様に専門業者を見定めていただき、信頼関係を築く第一歩と考えております。

週末の夜しか時間がないのですが対応してもらえますか?

はい、事前にご連絡いただければ土・日・祝日の夜でも大丈夫です。
もちろんコチラからお伺いする事も可能です。

相談後は依頼しなくてはいけないような気がするんですけど…

相談後に依頼を迫るような事は絶対にございません。
安心してご相談ください。

自分や家族の情報が漏れる事はないの?

行政書士には、業務上知り得た秘密を他に漏らしてはならない守秘義務があります。依頼人の相談内容を漏らすような事は決してございません。

トップへ戻る