帰化申請はの窓口は

 

法務局

 

帰化申請を行う窓口は、申請者の住所地を管轄する法務局又は地方法務局、その支局の国籍担当窓口となります。
ただし、全ての法務局が国籍業務を行っている訳ではありません。

 

帰化申請や国籍取得の届出を行う際、申請書の受付(提出)は本人申請が原則です。事務所が代理提出する事はできませんが、申請時の同行は可能です。

 

 

申請当日の流れ

申請書類一式に不備が無いことが確認され受付可能と判断されると、申請書に日付・署名を行います。
15歳未満のお子さんの申請では、法定代理人(父母)が連名で署名を行います。その後、誓約書に署名をします。

 

担当官より数か月後の面接の説明や法務局との連絡の仕方、審査期間中の注意事項を受け申請は完了となります。この申請受付後にも追加書類の提出を求められる事があります。

【申請後の注意事項】

  • 住所または連絡先が変わったとき
  • 婚姻・離婚・出産死亡・養子縁組・離縁などの身分関係に変動があったとき
  • 在留資格や在留期間が変わったとき
  • 日本からの出国予定が生じたとき及び再入国したとき
  • 法律違反や交通違反をしたとき
  • 勤務先に変動が生じたとき
  • 帰化後の本籍・氏名を変更するとき

帰化申請受付後に海外渡航することは可能ですが、必ず法務局に連絡をして下さい。


トップへ戻る