永住と帰化の違い

 

永住者の在留資格は、外国人が日本に在留するための在留資格の一つです。

 

特徴として、他の在留資格と比べ活動内容や在留期間の制限がないという点が挙げられます。
活動内容に制限が無いとは、日本人と同じように法律の範囲内で自由に働くことができるという事です。また、在留資格の更新を行う必要もありません。
(在留カードの更新は必要です)

 

この様な特徴がある永住者でも、あくまで日本に在留する外国人である事に変わりはありません。在留資格の取消や退去強制の対象となります。
在留カードの携帯義務もあり、再入国の手続きも必要です。

 

対して帰化は、それまでの国籍を喪失して日本国籍を取得し日本人になることです。
日本人と同じ権利を取得し、同時に義務を負います。
日本人としての戸籍がつくられ、日本国のパスポートを取得できます。また、参政権が得られます。

永住ビザの受任までの流れ

永住ビザの変更例


トップへ戻る