永住と帰化の違い|なかむら行政書士事務所

永住と帰化の違い|なかむら行政書士事務所

永住と帰化の違い

 

永住者の在留資格は外国人が日本に在留するための在留資格の一つです。

 

永住許可は、既に他の在留資格を持つ外国人が在留資格の変更により取得する場合や、日本で出生した外国人の子が在留資格の取得申請を行い取得できます。

 

特徴として、他の在留資格と比べ活動内容や在留期間の制限がないという点が挙げられます。その為、通常の在留資格の変更よりも慎重に審査する必要があるとされ、一般の変更許可手続とは独立した規定が設けられています。

 

永住者となっても、あくまで日本に在留する外国人である事に変わりはありません。在留資格の取消や退去強制の対象にもなります。在留カードの携帯義務もあり、再入国の手続きも必要です。

 

対して帰化は、それまでの国籍を喪失して日本国籍を取得し日本人になることです。日本人と同じ権利を取得し同時に義務を負います。

 

永住ビザの変更

永住ビザの変更例


トップへ戻る