相続関係の手続きは愛知県一宮市のなかむら行政書士事務所へ。

相続関係の手続きは愛知県一宮市のなかむら行政書士事務所へ。

相続関係の取扱業務

特定技能

 

相続の流れ

相続関係の取扱業務をご説明いたします。
当事務所の相続に関する取扱業務は、相続の開始前と相続開始後に分けられます。相続開始前には、相続全体のお悩みや疑問に対する相談業務遺言書の作成業務がございます。
相続開始後には、遺産分割協議書の作成金融機関への対応各種名義変更家系図等の作成がございます。

 

相続の流れ

 

相続関係取扱業務

相続の相談代行

相続についての相談

初回相談無料
相続のサポートで重要なのは、依頼人のお気持ちを尊重した上で、より効率的な方法をご提案する事です。また疑問点や不安が解消するまでしっかり対話をして、信頼関係を築くことです。
基本的な遺言書の書き方や相続手続きの流れ、法律の規定や後のことを考えた手続きの注意点など、納得いただけるまでご案内いたします。

遺言書の作成

遺言書の作成

自筆証書遺言の文案作成や確認
公正証書遺言作成のフルサポート
遺言書作成に必要な財産調査・相続人調査・書類収集などを行います。

愛知県相続手続き,愛知県相続,愛知県遺言,一宮市相続,愛知県遺言書作成,一宮市遺言書作成,岐阜県相続手続き,愛知県一宮市遺産分割,

遺産分割協議書の作成

相続開始後に行われる遺産分割協議の内容をもとに、遺産分割協議書を作成します。
また、遺産分割協議に必要な情報としての、相続関係説明図・財産目録の作成を行います。

相続手続きの代行

相続手続きの代行

金融機関に対して、被相続人(故人)の預貯金の名義変更や解約払戻しの手続きを行います。
相続財産である自動車等の名義変更を行います。
その他、遺言執行者として遺言内容を実行する務めを果たします。
不動産や相続税に関する手続きは、提携司法書士・税理士と共に業務を行いますのでご安心ください。

家系図の作成

家系図の作成

相続手続きで得た情報を基に、さらに必要な書類取得と調査を行い、家系図と家系譜を作成します。
故人に関係する場所の現地調査や関係人からの証言をもとに、映像(DVD)での家族の歴史を作成します。

 

 

初回相談は無料

お問い合わせフォーム電話番号
メール問い合わせ

ご相談


相続関係の手続きは愛知県一宮市のなかむら行政書士事務所へ。記事一覧

相続について、ご相談の流れをご説明いたします。相続に関する疑問や悩み、グループでの相談や出張での無料相談など、お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。お問い合わせフォーム、またはお電話をいただいた後、此方から最初の連絡を取らせていただきます。お問い合わせ・お電話では(例)相続全体について聞きたい、遺言書を作りたい、遺産分割協議をする事になった等、簡単な相談内容をお知らせください。面談の日時...

自筆証書遺言の作成についてご説明いたします。依頼人の希望する遺言書の作成だけでなく、推定相続人の調査や、遺言書に記載する財産調査を含めた、より確実で安心できる遺言書の作成をご提案いたしております。推定相続人の調査推定相続人の調査では、遺言者の出生から現在までの戸籍謄本と推定相続人の戸籍謄本を取得し、相続関係説明図を作成します。戸籍謄本等の取得は、5通までの全ての費用が含まれます。5通を超える場合は...

公正証書遺言の作成には基礎調査として、相続財産の調査と推定相続人の調査が含まれます。推定相続人の調査や、遺言書に記載する財産調査を含めた、より確実で安心できる遺言書の作成をご提案いたしております。【公正証書遺言の作成に含まれる内容】基礎調査を基に遺言書の文案を作成し、公証人と打合せを行います。遺言書作成日には公証役場へ同行いたします。戸籍謄本等の取得は、5通までの全ての費用が含まれます。5通を超え...

遺産分割協議書の作成では、基礎調査として相続財産の調査と相続人の調査が含まれます。戸籍謄本等の取得は、5通までの全ての費用が含まれます。5通を超える場合は、1通に付き2,000円の手数料の他、実費が必要となります。金融機関に対する相続手続きは、2行までとなります。それ以上の対応はご相談ください。金融機関に対する書類が、基礎調査で取得した戸籍謄本(5通まで無料)では足りない場合には、実費が必要となり...

遺言の方式には普通方式と特別方式があります。特別方式は死亡の危急が迫った時や通常の場所と隔絶された時など特別な状況下で利用されるため、一般の相続の事前手続きという意味では関係ありません。普通方式には自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言があります。相続手続きで主に利用されるのは、自筆証書遺言と公正証書遺言です。なぜ秘密証書遺言の利用は少ないのか秘密証書遺言は遺言内容を誰にも知られる事なく、その「...

遺留分とは、法定相続人に保障される最低限度の取り分のことです。残された相続人の生活の安定や財産の公平な分配の為、一定の者に相続財産の一部分が保障されています。保障の範囲は、故人の財産の2分の1に対しての法定相続分の割合が遺留分となります。直系尊属のみが相続人の時は、故人の財産の3分の1に対しての法定相続分の割合が遺留分となります。兄弟姉妹には遺留分はありません。(例) 妻と子2人が相続人の時妻:故...

被相続人の死亡により、その相続財産は一旦は相続人の共有財産となります。遺産分割協議とは、その共有財産について「誰が・何を・どれだけ」所有するのかを決定するものです。各相続人は、遺言書により「分割禁止の特約」がない限りは、いつでも分割の請求ができます。また、遺産分割協議が不成立となった時は、家庭裁判所に分割請求の申立を行う事ができます。遺産分割協議は相続人全員が一堂に会して話し合うのが望ましいのです...

相続は被相続人の死亡により開始されます。金融機関(銀行等)は口座名義人の死亡を知るとその口座の利用を停止しますので、例え親族であってもその口座からの預金の引き出しはできなくなります。これが口座の凍結といわれるものです。この状態を解決する為には、その口座を相続する証明書類を提出することが必要です。必要書類遺言書(検認済み)または遺産分割協議書被相続人(口座名義人)の出生から死亡までの戸除籍謄本等相続...

当事務所では、相続手続きで収集した資料を基に家系図及び家系譜の作成を行っております。収集した戸籍謄本等の資料を更にさかのぼることで、おおよそ幕末や明治初期からの家系図を作成します。また、親類縁者や地元資料館、地元寺社からの聞き込み調査を行い家系譜を作成します。例えば私(中村家)の場合...私の曽祖父は山間の70戸程の小村から町に出て生活を始めました。村にある寺の住職や古い農家の方にお聞きしたところ...

トップへ戻る