愛知一宮市のなかむら行政書士事務所です。遺言書の作成、遺産分割協議書の作成、相続手続きを扱っております。

遺産分割協議書の作成

遺産分割協議書の作成

 

 

遺産分割協議書

遺産分割協議書の作成では、基礎調査として相続財産の調査と相続人の調査が含まれます。
戸籍謄本等の取得は、5通までの全ての費用が含まれます。5通を超える場合は、1通に付き2,000円の手数料の他、実費が必要となります。

 

 

金融機関に対する相続手続きは、2行までとなります。それ以上の対応はご相談ください。
金融機関に対する書類が、基礎調査で取得した戸籍謄本(5通まで無料)では足りない場合には、実費が必要となります。

 

遺産分割協議を行う前提として、相続人の確定作業が必要になる場合があります。相続財産と相続人の確定作業は、コチラ

 

基礎調査1 相続人の調査

相続人の調査

 

全ての相続人が参加しない遺産分割協議は無効となるため、故人の相続人となる者が他に存在しないか確認をします。
具体的には、被相続人(故人)の出生から死亡までの戸籍謄本等と相続人の戸籍謄本を取得し相続人を確認します。
相続関係説明図を作成する事で、客観的に相続人を判断できるようにします。

 

戸籍謄本等の取得は、5通までの全ての費用が含まれます。5通を超える場合は、1通に付き2,000円の手数料の他、実費が必要となります。

相続人に未成年者や認知症の方、行方不明者がいる場合、事前に他の手続きが必要となりますので注意が必要です。
手続きの説明はコチラをご覧下さい

 

基礎調査2 遺言書の確認

自筆証書遺言が作成されていないか、公正証書遺言が公証役場に保管されていないかの確認をいたします。

 

遺言書がある場合でも、全ての相続人と受遺者(相続人以外で財産を受ける者)が同意すれば、遺言書とは異なる方法での遺産分割をすることができます。

 

基礎調査3 財産調査

相続財産の調査

 

 

不動産、金融資産、動産、その他遺産分割の対象の調査を行い、財産目録を作成します。
財産調査の為に金融機関に対して、残高証明書を請求します。

 

愛知県相続手続き,愛知県相続,愛知県遺言,一宮市相続,愛知県遺言書作成,一宮市遺言書作成,岐阜県相続手続き,愛知県一宮市遺産分割,

個別に財産調査のみをご依頼された場合、金融機関に対して残高証明書の交付請求を行います。これは、遺産分割協議書完成後の金融機関に対して行う相続手続き(預貯金の名義変更や解約払戻しの手続き)とは異なるものです。
金融機関に対する相続手続きは、個別の財産調査には含まれておりませんので、別途ご相談ください。

 

 

遺産分割協議書作成の流れ

無料相談にて、当事務所のサポート内容をご説明いたします。

(受任後の業務内容・報酬の説明・解約について)

 

相続人の中に未成年者、認知症の方、行方不明者が居ないか確認いたします。

相続人に未成年者や認知症の方、行方不明者がいる場合、他の手続きが必要となります。

矢印

十分ご納得いただいた上で、サポート業務受任となります。

 

委任契約の締結。

矢印

委任契約の締結後、報酬の半金を着手金としてお支払いただき、

確認後直ちに業務に着手いたします。

矢印

依頼人に準備していただく書類をお知らせします。

矢印

遺言書の有無、相続人の調査、財産調査をします。

 

取得した戸籍謄本等を基に相続関係説明図、財産調査を基に財産目録を作成します。

矢印

遺産分割協議書の文案を作成します。

 

相続人代表者に調査結果を報告し、文案を説明します。

矢印

相続人全員で遺産分割協議を行う。

矢印

遺産分割協議書の作成

 

報酬の残金振込みが確認された後、お預かりした書類等一式をお返しいたします。

 

初回相談は無料

お問い合わせフォーム電話番号
メール問い合わせ

ご相談


トップへ戻る