家族滞在ビザは愛知県一宮市のなかむら行政書士事務所へ。

家族滞在ビザ-愛知県一宮市のなかむら行政書士事務所へ。

家族滞在

家族滞在

 

家族滞在ビザ

案内

家族滞在の在留資格についてご説明いたします。

家族滞在の在留資格は、一定の在留資格で日本に在留する外国人の扶養家族を受入れる為のもので、その対象には扶養者の配偶者や子が含まれます。
この配偶者と子は、扶養者である者が日本に在留している限り、日本に在留することができることになります。つまり、扶養者が本国に帰国した後、配偶者や子が単独で日本に在留することはできません。
家族滞在では就労活動は認められません。就労活動を行う場合は「資格外活動の許可」が必要になります。

呼び寄せの対象は

家族滞在で呼び寄せることができるのは、扶養者の配偶者とその子供です。扶養者の親や兄弟姉妹を呼び寄せることはできません

配偶者と子

配偶者は現在婚姻中の者であり、内縁の妻や夫は含まれません。
子供は嫡出子の他、養子及び認知された非嫡出子が含まれます。

  • 特別養子は「日本人の配偶者等」の在留資格に該当します。
  • 20歳以上の子供でも、学生で親の養育を受けていれば、扶養を受ける状態といえます。

扶養を受けるとは

扶養を受けるとは、扶養者が扶養の意志を有し、かつ、扶養ができる資金的裏付けのある事が必要です。
夫婦の場合は原則として同居し、経済的に依存している状態を言います。
子供は監護養育を受ける状態である必要があります。

資金的裏付け

扶養者の資金的裏付けには、扶養者の収入だけでなく資産(預貯金)等も認められます。また、第三者による援助がある場合、その援助が安定・継続して行われるものなら資金的裏付けがあるものとして認められます。

外国人留学生が配偶者を呼び寄せるには

留学の在留資格を持つ者の配偶者や子を家族滞在で日本に呼び寄せる場合、全ての外国人留学生が該当する訳ではありません。
大学・大学院・専修学校の専門課程に限り、家族滞在での在留資格で配偶者や子を呼び寄せることができます。

親の呼び寄せ

「家族滞在」や「日本人の配偶者等」の在留資格では配偶者やその子の呼び寄せはできますが、親の呼び寄せはできません
しかし、永住ビザを持つ者や帰化した者の親については、子の扶養を受ける場合に「特定活動」の在留資格を取得できる場合があります。

要件

  • 高齢である
  • 日本以外に実子などの扶養能力のある親族が居ない
  • 在日親族に親を扶養できるだけの経済力がある

この特定活動は在留資格認定証明書の対象ではないため、短期滞在で招聘後に短期滞在から特定活動へ変更許可申請を行います。

養子の呼び寄せ

家族滞在での呼び寄せ対象は配偶者と子になります。この子には養子が含まれます。
日本人の配偶者等では一般の養子は含まれず特別養子が対象となります。
日本人・永住者・1年以上の在留期間の定住者・特別永住者の扶養を受けて生活する6歳未満の養子については定住者告知第7号に該当しますが、6歳以上の場合でも告知外定住や特定活動が認められる場合があります。

 

 

初回相談は無料

お問い合わせフォーム電話番号
メール問い合わせ

ご相談

 


トップへ戻る