許可後の手続き

ご案内

当事務所では、帰化申請国籍取得の届出が無事完了した後の手続きもサポートいたします。

    完了後の手続きには、

  • 市役所への帰化の届出
  • 市役所への国籍取得の届出
  • 在留カードの返納
  • 国籍喪失の申告(韓国籍等)
  • がございます。

在留カードの返納

外国人が帰化申請により日本国籍を取得した場合、帰化の日から14日以内に在留カードを返納しなくてはいけません。
返納方法については、住居地を管轄する入国管理局に持参するか、必要書類と共に郵送による返納も可能です。

市役所への帰化の届出

帰化が許可されると官報に告示され「帰化者の身分証明書」が交付されます。帰化の効力は官報に告示されたときから生じますが、戸籍は自動的に作られるわけではありません。
戸籍編成の為、官報告示の日から1ヶ月以内に「戸籍法上の帰化届」をする必要があります。

(戸籍法102条2)


届出地は、帰化者または届出人の所在地です。新本籍地に届ける事もできます。

戸籍はどうなるの

夫婦が共に帰化した場合

その夫婦について新戸籍が編成されます。夫婦は同氏で戸籍も同一でなくてはなりません。筆頭者は夫又は妻のいづれかになります。

日本人の配偶者が帰化した場合

帰化した配偶者が日本人配偶者の氏を称すると決めその日本人配偶者が筆頭者ならば、帰化した配偶者はその日本人配偶者の戸籍に入籍します。
帰化した配偶者の氏を称すると決めた場合、その帰化した配偶者を筆頭者とする新戸籍を編成し、日本人配偶者を入籍させます。

親子が共に帰化した場合

親子が共に帰化した場合や帰化した者の親が日本人の場合は、子は親の戸籍に入ります。
ただし、子が親と異なる氏や本籍を定めた場合や、その子に配偶者や子がある場合には、その子について新戸籍が編成されます。

帰化後の名前について

帰化後の氏名は、常用漢字表、戸籍法施行規則別表第二に掲げる漢字及びひらがな又はカタカナ以外は使用できません。また、帰化許可後の変更は原則として認められません。

国籍喪失の申告

韓国籍の者が帰化により日本国籍を取得した場合、領事館に対して国籍喪失の申告をする必要があります。
この申告を怠ると韓国の各種証明書が韓国籍のまま存続してしまいます。

    提出書類

  • 国籍喪失申告書
  • 戸籍謄本及び日本語翻訳文
  • 住民票及び日本語翻訳文
  • 韓国の基本証明書・家族証明書・婚姻関係証明書
  • 写真
  • 韓国のパスポート
トップへ戻る